Skip to content

設立祝いのマナー

会社設立時に贈る設立祝い。設立祝いには現金や胡蝶蘭などその人によって贈る物はさまざまですが、設立祝いを贈るには最低限のマナーやルールがあります。こちらではそんな設立祝い時に贈る設立祝いのマナーなどをご紹介させていただきます。

まずは設立祝いを贈る際に気になるお祝い品の相場ですが、この相場は一律ではなく、やはりその贈る相手とどれだけ親交や付き合いの長さがあるかなどにより変わってきます。具体的には、通常の知人や友人などであれば1万円以下が一般的です。家族や親族であればもう少し高い3万円から5万円程度。ビジネスシーンであれば金額の幅はありますが1万円以上でないと自社としての箔がつかないと言えるでしょう。どちらにしても贈るからには相手に喜ばれる物ということとみすぼらしいお祝い品は避けた方が良いということです。

次に現金を設立祝いとして贈る場合ですが、こちらは結婚式のご祝儀同様に必ず新札を準備するようにしましょう。また、封筒にはのしを使用し、表書きには御祝いや設立御祝いなどの文字を記載します。また、水引は蝶結びもしくは花結びの封筒を使用して下さい。

最後に胡蝶蘭や観葉植物などの花を贈る場合ですが、こちらは必ず立て札を付けるようにしましょう。立て札は贈る側も贈られた側も誰が贈って誰からもらった物なのかということを把握する上で大切です。また、胡蝶蘭専門店の”ORCHID STYLE”では、立札の書き方についてホームページに掲載しています。胡蝶蘭を贈る時に参考になるでしょう。