Skip to content

お祝い返しについて

会社設立に伴い、多くの友人や仕事仲間などから設立祝いをいただく機会が多いかと思います。もちろんお祝いごとですので、お祝いを多くもらえるのはとても喜ばしいことですが、少し落ち着いたところで悩んでしまうのが設立祝いでもらったあとのお返しです。まず悩まれるケースが多いのが、お祝い返しをした方が良いのかというところ。結論から言うとお返しは必要です。それは友人であっても仕事関係であっても同様です。

お返しといってもただ贈るということは避けて、可能な限り直接出向いてお返しを渡すのが一般的です。それではお祝いのお返しには何を返せば良いのか、というところですが、特に形式的な物はなく、お返しをする人数が多ければ無難にタオルセットなどの物が良いでしょう。タオルセットであれば、お返しをする人ごとでそれぞれ物を変える必要はありませんし、費用的にも安価ですので返す側も返される側も何の問題もない物だと言えます。

お返し時には直接渡すので、その場で同時に感謝の気持ちを述べればOKですが、直接伺うことができない場合には、感謝の気持ちを込めて御礼状を同封することを忘れないで下さい。お祝いをもらった時同様に御礼状を同封することは一般的なマナーとして必須です。